どうも、マルコこと、佐藤多加子です。

今回は、オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアをまとめた言葉である、【トリプルメディア】についてお話したいと思います。

こちらの記事でも少しお話しましたね。
↓↓↓
個人事業主さんや中小企業が初めてWEBを活用する流れ

上の記事では、ペイドメディア、アーンドメディアについてはサラッとお話していますが、今回は少し掘り下げて、詳しく解説していきたいと思います。

解説が被る部分もありますが、再確認していただければ(#^.^#)

WEBに取り組み始めたばかりの個人事業主さんや中小の法人さんは、オウンドメディア、アーンドメディア、ペイドメディアをそれぞれ独立して運営していたり、1つだけでも取り入れれば劇的に業績が変わると考えているケースも多いのですが、どれか1つだけでは、なかなか成果に繋がらないものです。3つのメディアを【トリプルメディア】として連携させることで初めて、相乗効果を生み出すことが出来るのです。

トリプルメディアとは

オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアの3つを合わせて、トリプルメディアと呼びます。それぞれに特徴があり、リーチできる(情報を届ける事ができる)層が異なるので、1つだけよりも3つのメディアを総合的に取り入れた方が、より多くの人たちにリーチできるようになります。

つまり、普段から検索エンジンで積極的に検索している人もいれば、Twitterばかり見ている人、TwitterはやらないけれどFacebookが好きな人、などがいるわけです。どれか1つのメディアだけではリーチできない層にも、複数のメディアを組み合わせる事で自社のサービスや商品の存在を知ってもらう事ができます。

WEBマーケティングの世界では、トリプルメディアの中のどれか1つだけでなくて、それぞれのメディアの長所と短所を理解して、補い合いながらマーケティングを展開していく事を【トリプルメディア戦略】と言い、これがとても重要になります。

では、オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアそれぞれの長所・短所について解説していきますね。

オウンドメディア

オウンドメディア(Owned Media)というのは、自社が管理・運営する(Owned)メディアを指します。要するに自社サイト(ブログ)の事です。ネット上に、自分のお店や事務所を開くようなイメージですね。実際、店舗や自社のパンフレットなどはオフライン(ネット上でない場所)のオウンドメディアとも言えます。

オウンドメディアは、他社のプラットフォームに依存するSNSなどと違い、規約に縛られる事も無く、文字数にも制限が無く、動画などのコンテンツも好きなだけ盛り込めますから、自由なスタイルで情報発信が出来、全てを自社でコントロールできるのが大きな長所です。

また、オウンドメディアでターゲットとするユーザーさんの悩みを解決したり、興味・関心を持ってもらえるような内容をどんどん公開して行くことで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンから、沢山の読者を集めてくれ、固定読者(ファン)が増えて行きます。

固定読者(ファン)が増える事で、貴方の事業や会社の認知も上がっていきます。これを、【ブランディング】と呼びます。ブランディングはまさにオウンドメディアの得意分野です。

ですが、オウンドメディアは育てるのに一定の期間がかかるので、長期的な集客向き。即効性という点では弱いです。また、待ちの媒体なので、積極的に検索してくれるユーザーにしか見てもらえないという一面があり、リーチできる層が限られてきます。

そこで、アーンドメディアやペイドメディアを使ってアクセスを呼び込んでいきます。オウンドメディアはネット上のいろいろなメディアを繋ぐ中心的な存在になるのです。

ただし、アメブロなどの無料ブログはオウンドメディアとは言いません。他社が用意したプラットフォームを間借りしているだけなので、全てを自社でコントロールすることが出来ないからです(規約があったり、勝手に広告を表示されてしまったりしますよね)。

自分(自社)で用意(レンタル)したサーバーに、独自ドメインで運営するブログやサイトをオウンドメディアと言います。

また、自社運営のメールマガジンも、オウンドメディアの1つに含められます。

ペイドメディア

ペイド(paid)とは【支払う】という意味で、ペイドメディアとはお金を支払って広告を出稿できるメディアの事を指します。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌の【マス4媒体】と呼ばれるものに加えて、WEB上ではリスティング広告やTwitter広告、Facebook広告、WEBサイト上に表示させるバナー(画像)広告などが該当します。

要するに、広告出稿先の事ですね。オンラインとオフライン、どちらにもペイドメディアは存在します。

ペイドメディアの強みは【即効性】。広告費を支払えば、いろいろな媒体に簡単に露出でき、多くの読者にリーチすることが出来ます。短期間に多くの集客をしたい場合に有効になります。

また、何度も広告を目にすることで、自然と認知が高まって、ユーザーの記憶に残るという利点もあります。それに、何度も同じ人や会社の広告を目にしていると、【なんかすごそうな】感じがしてきますよね?そういう意味での【ブランディング】にも繋がります。

その一方で、ユーザーとのコミュニケーションや関係性を維持することは不得意です。広告ではどうしても一方的な発信になりがちですよね。

また、最近では、広告が溢れすぎて、一方的な広告メッセージをあまり信頼しない、という消費者も増えているので、運用には工夫が必要です。

ある程度の資金力が必要になるので、入り口でいきなり挑戦するより、オウンドメディア、アーンドメディアの次の取り組みとして活用されると良いですね。

アーンドメディア

アーンド(earned)は【信用や評判を獲得する】という意味の言葉で、アーンドメディアとは、ユーザー(消費者)からの信頼や評判を獲得するためのメディアを指します。具体的には、FacebookやTwitterなどの各種SNSや、はてブなどのソーシャルブックマーク、まとめサイトや口コミサイト、などを指します。テレビなどで紹介されれば、それもアーンドメディアです。

WEB上では主にFacebookやTwitter、Instagram、LINEなどの各種SNSが代表選手なので、ここでは、アーンドメディア=SNSと捉えていただいて良いかと思います。口コミやシェアでユーザーが拡散する事によって信頼を獲得する、という事ですね。

ちなみに、FacebookやTwitterにも、広告を出稿する事ができるので、これらのアーンドメディアはペイドメディアとしての一面も持っている、という事になります。

アーンドメディアが得意とするのは、信用や評判の獲得、ファン度を高める事です。また、オウンドメディアで発信した情報をアーンドメディアで拡散し、オウンドメディアへアクセスを呼び込む事も出来ます。

いわゆる【バズる】という言葉がありますが、アーンドメディアでは、ユーザーの間で爆発的にシェアされて情報が広まる事があります。それが、貴方の会社・事業・サービスについての良い情報であれば、圧倒的な信頼獲得になるわけです。

一方的な広告にくらべ、同じユーザー目線の生の声は他のユーザーにも信頼されやすいという特徴があるので、アーンドメディアで良い評判が広がると一気に信頼を獲得することが出来、オウンドメディアではリーチできない層にも、認知が広まるわけです。広告費も一切かかりませんし、とってもオイシイですよね。

 

ただし、逆に【炎上】とうい事もあります(よく、芸能人のSNSが炎上してますね)。【バズる】とは逆に、悪い評判が一気に広まってしまう事ですね。こうなると、こちらではコントロールできないのでツライところです。

このように、アーンドメディアは、ユーザーが主体となって情報を拡散するので、オウンドメディアと違って自社でコントロールすることが出来ないのが難しい所ですが、顧客やユーザーに対して真摯な対応を心がけ、良い評判を獲得することが出来れば、お金をかけずに自社のサービスの認知を一気に広げる事が出来ますし、ユーザーとのコミュニケーションが取りやすい、ユーザーの生の声を知る事が出来る、オウンドメディアでリーチできない層にもリーチできる、操作も簡単、などの利点がありますので是非導入したいところです。

ただし、次々と情報が流れて行くアーンドメディアでは、オウンドメディアのように【資産化】する事は出来ません。また、他社のプラットフォームに依存しているので、規約の変更などで構築していたコンテンツが一気に使えなくなる事もあるので、必ずオウンドメディアと合わせて運営するようにしましょう。

トリプルメディアの関係性

これまでお話したとおり、トリプルメディアにはそれぞれ得意分野、不得意分野があります。

短期的な集客・即効性に優れているのはペイドメディア、ユーザーとのコミュニケーションや口コミによる拡散に優れているのはアーンドメディア、長期的な集客とブランディングが得意で、トリプルメディアの中軸としての働きをするのがオウンドメディアです。

以前の記事でもお話しましたが、オウンドメディアは、貴方の事業の資産となり、ブランディングに欠かせないものですので、まず最初にオウンドメディアを持つことは必須です。

そして、上の図のように、オウンドメディアからアーンドメディアへの露出をする事で拡散を狙い、オウンドメディアへのアクセスを呼び込みます。これで、自主的に検索エンジンで検索してくれない層にもリーチすることが出来ますし、アーンドメディアからオウンドメディアへアクセスを呼び込むことでオウンドメディアの読者も増やすことが出来ます。

資金があればリスティング広告やSNS広告などのペイドメディアへ露出することでさらにオウンドメディアにアクセスを集めたり、リード(見込み客)の獲得をスピーディに行う事も出来ます。ただし上でもお話したとおり、ある程度の資金力が必要になるので、小資金で始めたい方はまずはオウンドメディアとアーンドメディアの連携から始めると良いでしょう。

そうしてオウンドメディアとアーンドメディアを双方向に連携させながら、つながりを広げて行くうちに、それぞれ単体ではリーチできない層に情報を届ける事が出来るようになり、オウンドメディアのアクセスも上がり、さらに商品やサービスを購入して満足してくださった顧客がアーンドメディアで拡散してくれるという、良い循環を生み出すことが出来ます。

まとめ

まとめると、

  • オウンドメディア・ペイドメディア・アーンドメディアの3つを合わせてトリプルメディアという
  • トリプルメディアは、それぞれに得意・不得意があり、単体で運営するよりも連携させることで効果を最大化させることが出来る
  • オウンドメディアは、トリプルメディアの中軸という重要な役割を持つ

という事ですね。

今まで、トリプルメディアのうちのどれか一つに偏っていた、という場合は、ぜひ、トリプルメディアの連携に力を入れてみてください。

WEBマーケティングは【これさえやっていればOK】というものではなく、総合的に運用していくのが最高というか基本なのです。

どれか1つだけで【うまくいかないなぁ】とあきらめる前に、【使えるものは全て使う】という意気込みで取り組んでみてくださいね。

 

次の記事では、実際に構築したオウンドメディアに、どんな記事を書いて行けばよいのか、についてお話していきたいと思います^^
↓↓↓
オウンドメディアの外枠が出来た。次はどんな記事を書けばいいの?

 

ただ、実業でお忙しい方にとって、ご自身や自社でオウンドメディアを構築するのは時間的に厳しい面もあると思います。私達WEB畑の人間も、最初はひたすらWEBの世界に没頭し続けて、やっと成果をだしてきたのですから。

そんな時間をかける余裕はない!という場合は、WordPressによるオウンドメディア制作代行も行っています。
格安でやってくれる業者もありますが、実はオウンドメディア構築は【裏側】が大切。

Growth Ringでは、セキュリティ対策や各種SEO対策設定、プラグインの導入など、裏側も手抜き無しで代理構築させていただきます。

お気軽にご相談くださいませ。
↓↓↓
お問い合わせフォーム

ではでは、また(^^)。