どうも、マルコこと、佐藤多加子です。

今回は、【ステップメールは、とっても繊細】という事について、私の経験を交えてお話したいと思います。

繊細って、どいう言う事かと申しますと

■ほんの、ちょっとした事で成約率がとてつもなく変わる!

って事です。

いやほんとに、【え・・・・???】っていうくらい、些細なことで変わるんですよ。

今回は、そんなお話です。

一見些細な事でも、反応がガラッと変わるステップメール

かれこれ3年近くステップメールに関わって来たんですが、その道中では

改善したつもりが【ぴた・・・・・・・・っ】と成約が止まる、なんてこともありました。

なかなか反応がもらえないと悩んでいたコンサル生さんのメルマガをちょっと修正したら、翌日には【感動しました!】って返信が来たってこともありました。

 

私はこれまで、何度もステップメールを

  • ちょっぴり変更したり
  • 大幅に変更したり
  • 全く新しく作り直したり

してきたんですが、その中で何度かビックリするような事を経験しました。

 

例えば。

一連のステップメールの中で、特に返信を沢山頂く1通があったのですが

全く同じ文章のままで、順番を1つ前のステップと入れ替えただけでほとんど返信が来なくなったとか。

・・・返信の多さはある意味成約のバロメーターになるので、結構焦りました(-_-;)

その時はつまり、1つ手前に持ってくる事で、信頼関係がまだ浅いところで価値観を変えようとする1通を流したので、読者さんの心に響かなかったのですね。

いろいろ経験した今だから分かる事ですが。当時はビックリしました。

 

他にも、

かなりの高成約率を出していたステップメールの、それぞれのステップの最後の結びの2行程を書き変えたら、それっきり成約がピタッと止まったり。

ぴたっ

ほんとに、変えた途端に

ピターーーーーーーーーーーーーーーーッ・・・・・・・・・・・・・

と、止まったんです。

それも、最後の2行ほどを変えただけだったんですよ・・・

2か月くらい成約が止まったので、あれっと思って元に戻したら、また成約し始めました。

 

それくらい、ステップメールって、ちょっとした事で反応が変わるんですね。

とっても繊細なんです。

私みたい( ̄▽ ̄)(違う・・?)。

 

3年くらいかけて、そんな試行錯誤を繰り返してきたので、さすがに最近は【大外し】する事はなくなりましたが、やはりそれだけ初心者さんがいきなり高成約率のステップメールを我流で作り上げるのは難しいんだよなと思ったりします。

何事も経験。やってみて失敗してみないと分からないものです。

でも、逆を言えば、今、ステップメールでうまく販売が出来ていないとしても、ちょっとしたコツを取り入れたり、少しだけ改善したり、あるいは、根っこにある大切な考え方に気づくだけで

ど~~~~~~~~~~ん!!!!

と成約率がUPする可能性もあるって事。

 

ステップメールはとっても繊細。精巧なガラス細工を扱っているみたいで、スリリングな部分もあるけれど、だからこそ、面白いとも言えます。

ほんのちょっとした事で、収入が跳ね上がったりしますからね。

このブログでは、そんなちょっとしたコツや、根っこになる考え方をダダ漏らし状態でお話しているので、ぜひ、だまされたと思って参考にして頂ければなと。

ステップメールが繊細なのは、人間の繊細な感情を相手にしているから

そして、ステップメール作りが上手くなる道はただ一つ。

【とりあえず作る。】そして【走らせながら反応を見て、メンテナンスを繰り返す。】です。

最初から完璧を目指したって無駄なのです。

当たるか、外れるかは、走らせてみないと分かりません。特に最初は。

メンテナンスを繰り返しながら、

【あ、上がった(^^)v】

【あ、下がった・・・・(-“-)】

を繰り返していくうちに、段々と精度が上がって行くんですね。

パソコンと人間

いつも言っていますけれど、パソコンの向こう側に居るのは、感情を持った読者さんです。

読者さんの感情の動きが分からないと、良いステップメールは作れません。

しかも、集まっている読者さんの属性によって、感情の動きは違ってきます。

女性なのか、男性なのか、家庭を持っているのか、独身なのか、勤め人なのか、事業をやっている人なのか。年齢層はどのくらいなのか。

同じエピソードを語っても、それに深く共感してくれる人もいれば、自分事に思えずポカンとなっちゃう人もいる。

繊細な人間の感情を相手にしているからこそ、ステップメールも繊細なのです。

その繊細さを分かるようになるためには、何度も当たって砕けるしかないんですよね。3年もやっていれば、それなりに分かるようになってきます。

子供が、自転車に乗れるようになるために、何度も転ぶのと同じようなものかな~~と思ったりします。自転車は、3年もかかりませんけど、繊細なバランス感覚を身に付けるという点では、よく似ているなと。

という事で今回は、

ステップメールはとっても繊細、だからこそ面白い

というお話でした。

ではでは、また(^^)。