どうも、マルコこと、佐藤多加子です。

今回は、実業(リアル事業)を展開している方へ向けてのメッセージを綴ってみたいと思います。

今や、WEBとリアルの境界線はどんどん薄れて行き、実業の方もWEBを使った集客・販売(WEBマーケティング)を取り入れるケースが増えてきました。

同時に、WEBマーケティングからスタートした方が、そのスキルを実業の分野へ活かしていくパターンも。

WEBとリアルはどんどんボーダレスになっている印象を受けます。

実業にWEBをうまく活用できるかどうかが、時代に乗るか反るかを分ける

そして、実業(リアル)の方にとっては、WEBマーケティングを上手に活用していけるかどうかが、【時代の流れに乗るか反るか】の分かれ目になってきているとも感じます。

こちらの記事でもご紹介しましたが、個人医院やサロンなどでも、WEBを上手に活用しているところは立地に関係なく業績を大きく伸ばすケースが多いですよね。
↓↓↓
個人で学んだセールス手法は、法人でも大いに活用できるというお話。

極端な話ですが、大昔のようにタウンページなどの電話帳に広告を出しているだけでは、集客は出来ない時代になっています。競合がひしめく中で顧客に選ばれるためには、人が集まっている場所へ自らどんどん露出して、自社の特徴をアピールしなければなりません。

インターネットもまた【非常に多くの人が集まっている場所】の1つです。今や一人一台はスマホを持つ時代。何かを探そうという時に電話帳を開く人はもうほとんど存在せず、インターネットでの検索が当たり前になりました。市場はどんどん拡大していますので、インターネットを使った集客や販売を視野に入れないのは非常にもったいない事だと言えます。

しかも、WEBマーケティングはほぼパソコン1台で完結するのに、リーチする層が大きい事も魅力の1つです。

自分自身はパソコンに向かって作業をしているだけなのに、全国のネット利用者にアピールすることが出来るのも、考えてみれば凄い事ですよね。

総務省の【平成29年版 情報通信白書】では、2016年のインターネット利用者数は、2015年より38万人増加して1億84万人、人口普及率は83.5%(前年比0.5ポイント増)になったという統計が発表されています。

1億84万人・・・小さなパソコンの向こう側にこれだけの人たちが存在しているのだと思うと興奮してしまうのは私だけでしょうか(笑)

専門家のサービスを受ける場合も最低限の知識は持っておこう

ここまでのお話で、実業(リアル事業)でもWEBマーケティングを取り入れて行く事がとても重要である事、ご理解いただけたのではないでしょうか。

じゃあ、自分は苦手だから誰か(業者など)に任せよう、と考えるかもしれませんが、その場合でもある程度の知識は学んでおいた方が良いでのす。

今や、法人向けのWEBマーケティングサービスも沢山あり、ある意味玉石混交の状態です。

価格帯も、さまざま。

高いから、安いから、良いとか悪いとか、そういう単純なものではありませんが、サービス内容に見合った価格というものがあります。

せっかくWEB活用に乗り出そうとしたのに知識が全く無い状態だと、相手の言葉について行く事ができず、訳がわからないまま言いなりになるしかなかったり、サービス内容に見合わない金額をぼったくられる危険性もあります。

足元を見られる、という言葉は、リアルの現場でもよく使われますよね。

WEBマーケティングに割くリソースが無い中小事業者の場合、実作業は専門家に任せるというのも良策ではありますが、ある程度の知識は身に付けて、担当者と対等にお話ができる、細かな要望も出せる、サービスの進捗状況を把握できるだけの自力を養っておくことは大切です。

  • SEOとは何なのか
  • リスティング広告とは何なのか
  • ネット上の広告にはどんな種類があって、どんな仕組みなのか
  • MA(マーケティングオートメーション)とはどういうものか
  • リードナーチャリングの概念とは?
  • セグメントとはどういう意味か
  • LPというのは何なのか
  • ・・・・etc

・・・・・答えられますでしょうか。

私の印象では、まだまだこれらの言葉を聞いただけで【ウッ・・】となる事業家さんが多いように思います。

せめて、言葉の意味だけでも知っておきたい所です。

これは、自分(自社)を守る、という点でも大切ではありますが、受けるサービスの効果を最大化させるためにも大いに必要ですし、WEBマーケティングに関するサービスを提供する側の私達からしても、お話が進めやすくて大変有難い事です。

【おっ、この人は知っている】と感じたら、誠意の無いWEBマーケティング業者も、近寄る事ができませんしね(^^)

こちらのサイトでは、WEBマーケティング初心者の実業家さんに向けての基礎知識などもお話していきますので、ご参考にしていただければと思います。

ではでは、また(^^)。