どうも、マルコこと、佐藤多加子です。

今回は、【リスティング広告】の、基本的な内容を分かりやすく解説したいと思います。

私の肌感覚ですと、実業の方との会話の中で【リスティング広告】という言葉を出すと【??】という表情になる方が非常に多いので、とりあえずこれだけ知っておけばOK!という所をお話していこうかなと。

細かい運営方法などについて語り始めると、1冊の本になってしまうので(汗)まずは概要をお話しますね。

リスティング広告とは

Yahoo!やGoogleで、あるキーワードで検索をしたときに、上位に【広告】と表示されたサイトが出てくることが良くありますよね。

Googleだと、こんな感じ。(リスティング広告というキーワードで検索しました)

リスティング広告1

上の検索結果を見ると、上位2つは【広告】という表示がありますね。

これが、【検索連動型広告】と言って、リスティング広告の一種なのです。細かく言うと、リスティング広告には、この、【検索連動型広告】の他に、【バナー広告】というものもあるのですが、一般的に【リスティング広告】と言われれば、この、検索連動型広告を指していると思っていただいて大丈夫です。

今回の記事では、リスティング広告と検索連動型広告を同義としてお話していきますね。

この【広告】と表示されているサイトは、Googleに広告費を支払って、上位表示してもらっているサイトになります。

 

Yahoo!でも、【リスティング広告】というキーワードで検索してみましょう。

リスティング広告2

Googleの場合と同じように、【広告】と表示されたサイトが上位に表示されます。

これも、Yahoo!さんに広告費を支払って上位表示してもらっているのですね。

その下の、青枠で囲っている部分が、【自然検索】とか【オーガニック検索】と言って、広告費を使わずにSEO(検索エンジン最適化)の施策だけで上位表示されているサイトです。

※SEOとは日本語では【検索エンジン最適化】と呼ばれています。SEOにはいろいろな要素があるのですが、簡単に言うと、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示させるための様々な施策の事を指します。

SEOだけで上位表示させるには、時間も労力もかかるのですが、リスティング広告を利用すれば、広告費をかける代わりに、必死にSEOを施さなくても簡単に狙ったキーワードで上位表示できるわけです。

これが、リスティング広告です。

ユーザーがあなたのサイトを訪問した時だけ広告費が発生するしくみ

しかも、広告費が発生するのは、あなたのサイトが検索結果に表示されて、それが【クリックされた時】だけです。つまり、ユーザーがあなたのサイトを訪問して初めて、広告費が発生します。

新聞広告やテレビCMなら、広告を掲載したりCMの枠を取るだけでかなりのお金がかかりますが、リスティング広告では、ユーザーさんがあなたのサイトに訪問しない限りは費用が発生しないのが良い所です。

例えば、【エステ 新宿】というキーワードで入札した場合、あなたのサイトは、ユーザーが【エステ 新宿】というキーワードで検索した時に上位表示されます。
検索してくるユーザーさんは、最初から

【新宿にあるエステサロンでどこか良い所はないかな~~~(あったら行ってみようかな)】

と思って検索しています。つまり、最初からエステに興味を持っている【見込み客】を効率的に獲得できるわけですね。

さらに、検索結果に上位表示されたあなたのサイトに興味を持ってクリックし、あなたのサイトに訪問してくれたら、そこから予約をしてくれる可能性はとても高くなるわけです。いわゆる【今すぐ客】を集めるのにも、とても有効な方法なのです。

しかも、サイトに訪問されない限りは広告費は発生しません。

つまり、上手に運用すれば費用対効果がとても高いのです。

代表的なリスティング広告は、GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)Yahoo!JAPAN プロモーション 広告です。この記事の最初の方で画像を掲載しているのがGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)とYahoo!JAPAN プロモーション 広告。どちらもクリック課金型広告(PPC広告:Pay Per Clickの略)と言って、クリックされて初めて広告費が発生する仕組みになっています。

キーワードによって異なるクリック単価

と、良い事ばかりを書いてきましたが、注意すべき点もあります。

先程、例として【エステ 新宿】というキーワードで【入札する】と書きましたが、1クリック当たりの広告費は入札によって決まります。

つまり、同じ【エステ 新宿】というキーワードで検索された時に広告を表示してもらいたい会社が、それぞれ【1クリックあたり、この金額までなら出してもいいよ】という金額を提示して入札するのです。そして、入札金額の高い会社のサイトが上位に表示される仕組みです。

※厳密には、実際に表示される広告の品質スコア(Yahoo!の場合は品質インデックス)というものも関係してくるのですが、そこまで細かい解説はここでは省略します。

ですので、同じキーワードで広告を出したいライバルが多いと、クリック単価が高くなりがちで、場合によっては赤字になる可能性もあるのですね。

ですから、広告出稿後も、

  • 自分の広告がどの程度ユーザーの目にふれているか(インプレッション数)
  • どのくらいクリックされているか(クリック率:CTR)
  • クリックしてサイトに訪問してくれたユーザーのうちの何%が成約に至っているか(獲得率/コンバージョン率:CVR)
  • 成約1件につきどのくらいの広告費がかかっているか(獲得単価/コンバージョン単価:CPA)

などを検証して、広告を改善したりサイトを改善したり、キーワードを変更したり、場合によっては広告を一旦停止して練り直す手間をかける必要があります。つまりPDCAサイクルを回して費用対効果を最大化するのですね。

大きな会社やもともとWEBが得意な会社では社内の担当者が行いますが、知識が無くてわざわざ勉強する余裕もない会社の場合は、外注しているケースも多いです。

とはいえ、新聞広告やテレビCMだと、【この広告はハズレだった!】と思っても簡単に変更は出来ませんし、広告が流れた時点ですでに膨大な経費がかかってしまうのですが

リスティング広告の場合は、利益にならないと感じたらすぐに止められますし、広告の変更も簡単に行えるので、上手に使えば小資金で大きな利益を上げる事も可能になるわけです。

まとめ

リスティング広告の概要についてお話してきましたが、大体の仕組みを掴んでいただけましたでしょうか。

改めてリスティング広告(検索連動型広告)の特徴をまとめると

  • SEO対策をすることなく、特定のキーワードでキーワードされた時に上位表示してもらう仕組み
  • 見込み客を効率的に獲得できる。
  • 今すぐ客の獲得にも大きな力を発揮する
  • 広告費は、クリック1回あたりいくら、という形で発生する(PPC)
  • クリック単価は入札形式で決まるので、選ぶキーワードによって変わる
  • クリック単価とクリック率、コンバージョン率によっては、赤字になる場合もある
  • 広告の出稿や停止が簡単にできる
  • 広告出稿後の検証と改善(PDCA)によって、利益を最大化することができる

ということになります。

ざっとでしたがリスティング広告、その中でも特に検索連動型広告の概要についてお話させて頂きました。

少しでも【なるほどね~~~】と感じていただけましたら幸いです。

【リスティング広告、やってみようかな?】と思って頂けましたら、さらにさらに嬉しく思います。

ではでは、また(^^)。