どうも、マルコこと、佐藤多加子です。

WEBマーケティングについて調べていると必ずLP(ランディングページ)という言葉が出てきますよね。

今回は、このLP(ランディングページ)とは何なのか、何のために作るのか、どんな特徴があるのかについて、分かりやすく噛み砕いてお話したいと思います。

LP(ランディングページ)には2つの意味がある

LPは【Landing Page(ランディングページ)】の略ですが、これには実は2つの意味があります。

1つ目は、
その名の通り、ユーザーが着地(ランディング)するページの事。つまり、検索結果や広告を通して最初にやってくるWEBページの事です。

例えば、ブログの中のある1ページに、ユーザーが検索をしてたどり着いたら、そのページがランディングページです。着地ページとも呼ばれます。

この意味でいうと、どんなブログやサイトにも着地ページは複数あって、それはユーザー毎に異なることになりますね。

 

2つ目は、
【訪問者に行動を起こしてもらうために作られた縦長レイアウトのページ】の事。普通、WEBセールスの場面でLP(ランディングページ)と言えば、こちらの意味になります。
ですので、これからLP(ランディングページ)と言えば、後者の方を指すと思ってくださいね。

行動というのは商品の購入だったり、メールマガジンへの登録だったりするのですが(詳しくはこの続きでお話しますね)、細かく分けると、商品やサービスの購入を目的とするものを【セールスレター】、メールマガジンの登録や無料体験の申し込みなど、ユーザーさんの情報を登録してもらう事を目的とするものを【オプトインページ】と呼んだりします。

また、アフィリエイターは、ユーザーに商品のセールスレターを見てもらう前に、自分で作成した【クッションページ】(レビューや独自特典を記載したページ)を用意することが多いですが、これもまたLPの一種ですね。

今回の記事では、全てひっくるめてランディングページ(LP)と呼びますね。

LP(ランディングページ)の目的・役割

では、後者のLP(ランディングページ)の目的や役割というのは何でしょう。

先に【訪問者に行動を起こしてもらうために作られた縦長レイアウトのページ】とお話したとおり、ページにやって来たユーザーに、【こちらが望む行動を起こしてもらう事】が目的になります。

行動というのは、例えば

  • 商品の注文やサービスの申し込みをしてもらう
  • 商品やサービスに対するお問い合わせをしてもらう
  • セミナーや無料体験会などイベントの参加申し込みをしてもらう
  • 無料会員登録をしてもらう
  • 資料請求をしてもらう
  • メールマガジン(ステップメール)に登録してもらう

などなど。これらの行動を獲得することを【コンバージョン】と言います。
コンバージョンも、マーケティングの世界では度々耳にする言葉ですね。

通常のブログ記事では、ユーザーの知りたい事や疑問・悩みに答える情報を提供する事が基本になりますが、ランディングページでは、さらに一歩踏み込んで【行動を起こしてもらう(コンバージョンを獲得する)】という事が目的になります。

そして、コンバージョン率(CVR:コンバージョンレート)の高いLPが、良いLPなのですね。

LPは、このCVRを高める為に、通常のブログ記事とは、かなり違った特徴的な構造を持っています。

次はその構造について考えてみましょう。

LP(ランディングページ)の構造上の特徴

余計なリンクが無い

通常のブログやサイトでは、内部リンク(同じブログの中の別ページへのリンク)を貼ったり、サイドバーやグローバルメニューなどで1つの記事からいろいろなページにジャンプできるようになっています。

これは、読者さんが知りたい情報を見つけやすいように考えられているからです(ユーザビリティの向上)。また、ブログ内を回遊してもらって、いろいろなコンテンツを見てもらうという狙いもあります。

 

ですが、ランディングページの場合は、他のサイトやページへ移動するリンクは貼りません。サイドバーなどもありません。あるのは申込ボタンや登録フォームのみ。

ランディングページの目的は、資料請求やメールアドレスの登録、お問い合わせなどそのページによって【たった1つ】なので、途中で他のページやサイトに移動されてしまっては困るのです。

読者さんが他の情報に気を取られる事が無いように、目的に向かった情報だけを見てもらい、たった1つの【目標とする行動】へ向かってもらうようにします。

そのために、余計なリンクは敢えて排除されているのですね。

縦長の独立した1ページ構成である

ランディングページは1ページで独立したページになります。他の参照ページへのリンクを貼ったりもしませんので、ユーザーへ伝えたい情報を1ページに全て集めると、自然と縦長のページになっていきます。

そして、上から順に一直線に読み進めてもらう事によって、制作側の想定どおりの順番で訪問者に情報を伝えることができるのです。

優秀な営業マンのセールストークを1つのページで再現するような感じですね。

この、情報を伝える順序にもある程度顧客心理に基づいた規則性があります。AIDMA(アイドマ)の法則などが有名ですね。

※AIDMAの法則については、また改めてお話したいと思います。

冒頭のキャッチコピーが派手

ランディングページの冒頭の部分は、最も大切だと言われています。読者さんは日々沢山の情報に触れていて忙しいので、ページが開いた瞬間の数秒で、続きを読むかどうかを判断すると言われています。

冒頭のキャッチコピーや画像でユーザーの興味を強く引くことが出来なければ、続きを読んでくれることなく離脱されてしまいます。そのため、ランディングページの冒頭のキャッチコピーや画像は興味性を重視して、インパクトがあって派手なものが多いですね。

マーケッターがLPを作成する際にも、ヘッダー画像やキャッチコピーは最も気をつかう所です。

また、冒頭部分だけでなく全体的に、画像やイラスト、目立つ見出しや時にはマンガ等を使って華やかな作りになっているのも特徴の1つです。

LPO(ランディングページ最適化)の必要性

LPO(Landing Page Optimization:ランディングページ最適化)とは、ランディングページのコンバージョン率を高めるために、ページのデザイン・レイアウト・文章を、改善していく作業を言います。

ランディングページは一度作ったら終わりではありません。ヒートマップの確認やA/Bテストをしながら改善を繰り返し、CVR(コンバージョン率)を高めて行くことで、より費用対効果の高いLPに進化させていく必要があります。

※ここで言うヒートマップとは、ページの中でのユーザーのマウスの動きを可視化して、より注目されている所、クリックされている所やそうでない所を色分けして表示させたものを指します。ヒートマップを見る事で、ランディングページのどの部分がユーザーの興味を引いているか、どの部分で離脱されているかが分かります。

※A/Bテストとは、AとB、2つのLPのパターンを用意して、どちらがコンバージョン率が高いかをテストする事です。例えば、ボタンの色を変える、キャッチコピーを変えるなど。

実際、申し込みボタンの色を変えただけで、CVR(コンバージョン率)が変わることも多々あります。

この、地味な作業が大きな差を産むのですね。

ランディングページにユーザーを集める方法

LP(ランディングページ)を作成しても、そこへユーザーがやって来なければ意味がありませんよね。

では、どうやってLPにユーザーを集めるのかというと。

  • 自然検索(オーガニック検索)
  • リスティング広告
  • SNS(FacebookやTwitterなど:広告出稿もできる)
  • 公式サイトやブログからのリンク

などがあります。

広告費をかけた方が当然アクセスは集めやすいですが、その代わり、コンバージョン率が低ければ、赤字になる可能性もあります。

自然検索から直接ランディングページにアクセスを集めるのはなかなか大変ですが、既にアクセスの集まっている公式サイトやブログがある場合は、そこへバナーを貼ってLPに誘導するのも効果があります。

自然検索からは公式サイトへ飛ばし、広告からの飛び先はランディングページとなっている場合が多いです。

他にも、既存顧客宛てにメールマガジンなどを送り、その中にランディングページのURLを貼る事もありますね。新規顧客ではありませんが、1度何かしらの商品やサービスを購入してくださった方に、関連商品やサービスを販売するのには良い方法です。

アナログ寄りですが、チラシやパンフレットにQRコードを記載しておくなどの方法もあります。

まとめ

LP(ランディングページ)がどういうものか、ご理解いただけましたでしょうか。

  • 一般的にLPとは、ユーザーに行動を促すための独立した縦長のページ
  • コンバージョン率を高める為に独特の構造を持っている

という事ですね。

そして、LPが出来上がったらそこへ色々な方法でアクセスを集め、コンバージョンを測定し、解析を行いながらLPO(ランディングページ最適化)を施していきます。

ランディングページ、深いですね~~~~。
WEB上には沢山のランディングページがありますので、見かけたら是非、じっくりと観察してみてくださいね。いろいろと発見があるはずです。

ご参考になりましたら幸いです。

ではでは、また(^^)。