どうも、マルコこと、佐藤です^^

このサイトを開設して、記念すべき最初の記事。まずはWEBセールス全般に共通する私の考え方をお話しようかなと。

【こういう考え方でやってるのね~~】と、私の事を理解して頂ければ幸いです^^

WEBセールスは魔法ではない

WEBで自動セールスというと、なんだかこう【魔法の錬金術!!】みたいな胡散臭さ満載のキャッチコピーが脳裏に浮かぶ方も少なくないのでは?と思うのですが、それはちょっと違う、というか全然、ま~~ったく、違います。

地道なリサーチとお客様との対話からお客様の抱える悩みを把握し、それを解決する商品やサービスを作り(あるいは、探して)提供する。

という、至極まっとうなセールスです。WEB上だけでなく、普通にリアルで営業活動をされている方と全く同じ。そして、魔法ではないので【ちちんぷいぷい♪♪】という簡単なノリでサクッと出来てしまうものでもありません。これもまた、リアル営業と同じです。

ただ、現実に人と会ってお話をしてセールスをする事と決定的に違うのは、

■インターネットを利用することで、全国の方(場合によっては海外も)が顧客になる。
■WEBを活用することで、同じ手間で圧倒的多数の方にセールスを行う事が出来る。
■インターネット上のツールを活用することで、【自動化】ができる。

という所です。

WEB上に設置したランディングページ(LP)は、実店舗と違って営業時間の縛りがありません。店舗スタッフも必要ありません。24時間年中無休状態で見込み客を集めてくれます。(もちろん、集客できる状態になるまではメンテナンスが必要ですが)

そして、集まった見込み客にメールマガジンへ登録して頂き、あらかじめ順序良く情報をお届けする【ステップメール】を流す仕組みを作っておけば、あなたが直接セールストークをする代わりに、ステップメールが読者さんの心を動かして、購入へ導いてくれます。

この仕組みをしっかりと作っておけば、その後、あなたがすることはほぼ何もありません。ステップメールに寄せられた読者さんからのお問い合わせや感想に、お返事を書く事くらい。

こんなお話をすると、やっぱり【魔法】っぽく聞こえますが、ただ一つ魔法と違う所は【仕組みづくり】の段階では【ちちんぷいぷい♪】は通用しないという事です。楽をして物を売る仕組みを作る、その仕組み作りの段階では、決して楽は出来ないという事です。

そして、文章でお客様の感情を動かす為に必要なのは、教科書通りのテクニックではなくてたった一つの考え方なのです。

コピーライティング至上主義という間違い

書籍

世の中には、コピーライティングを教えてくれる教材や有名な書籍が山ほどありますよね。中には【コピーライティングこそ全て!!】と信じて疑わない人も居ます。
けれど、コピーライティングを必死に勉強して、難しい専門用語を山のように知っているのに、全く成果が出ていないという方、沢山いらっしゃいます。

コピーライティング至上主義というか、コピーライティングの【テクニックだけ】で何とかなるもんだと思っていたら、セールスは間違いなく失敗します。

たまに遭遇するのが、コピーライティングのテクニックを駆使していると明らかに分かる文章なのに、異常なくらいのキモチワルサが全開になってしまっている文章。

想像してみてください。あなたは南の国の美しい海岸にいます。足元には暖かくて白い砂、目の前にはどこまでも続くエメラルドグリーンの透き通った海。そして頬をくすぐる心地よい南国の風。あなたを現実に引きずり戻す仕事はありません。昨日も今日も明日も明後日も、全てあなたの自由な時間です。。。云々。

キモチワルイですよね~~。

これ、よく言われるところの【ベネフィットを魅せる】という事を意識して書いたって事は理解できるのですが、誰に向けて書いてるの?という感じ。これを読む人が皆、南の国の砂浜で風を頬に受けてロマンチックに浸りたいって思っているのでしょうか。

そもそも、この文章を書いたご本人自身、こんな生活をしているのでしょうか、心から望んでいるのでしょうか。

完全に、なにか勘違いしてしまっている。。。”(-“”-)”
頑張って勉強しただろうに・・・・残念な結果です。
きっと、その文章を書いたご本人は、【こんなに勉強してテクニックを取り入れているのに、なぜ反応が無いんだ!!】と嘆いているはず。

テクニックだけを勉強していると、こんなキモチワルイ文章を書く人になりかねません。

この文章がなぜキモチワルイかというと、完全に、読者さんを置いてけぼりにしているからなんですよね。

パソコンの向こう側に居るのは、【感情を持った人間】。

思いやり

コピーライティングを否定するわけではないですが、実際私は、他社商品を代理で自動販売するアフィリエイトマーケティングで成果を出した時、コピーライティングの勉強はほとんどしていませんでした。

それでも、【あなたから買いたい!】【あなたの紹介だから買います!】というお言葉を沢山いただいて、販売後も、素敵なお付き合いをさせて頂きました。(そのお付き合いは、ありがたいことに今でも続いています)

もちろん、コピーライティングを頭から否定する気はありません。私自身、ライティングや販売心理を学ぶ事でさらに売り上げを伸ばしてきました。もちろん、テクニックは役に立ちます。けれど、それ【だけ】に走ってしまったり、テクニックを悪用したりしては良いセールスは出来ません。

誇大な広告で無理やり煽って【買わせ】たり、あなたはこのままでは破滅する!!と必要以上に恐怖を演出して【買わせる】というやり方もこの世界には存在していますが、それでは購入後のお客様と良い関係を続ける事は出来ません。それどころか、販売後にクレーム対応で忙殺される羽目になる事もしばしば。そんなセールスはちっとも楽しくありませんよね。

良いセールスというのは、購入した側も、販売する側も幸せになるセールスです。【ありがとう!】と言いながら買ってもらえるセールスです。

その為に一番大切なのが、【パソコンの向こう側にいるのは、感情を持った人間だ】という当たり前の現実を忘れない事。私は、これが全てだと思っています。この土台があってこそ、テクニックが活きるのです。

そもそも、コピーライティングや販売心理というもの自体が、【人の心を想う】という視点から生まれているものであって、ただそれを、統計的、論理的に分かりやすくまとめているというだけの事。私は先に自分なりのセールスで実績を上げてからテクニックの勉強をしたので、それが良く分かります。
私が、テクニックだと思わずに、ただただ読者さんの想いを想像しながら書いていた文章が、実は有名な書籍に書かれている心理学のテクニックに沿ったものだったんだな~~~~~と、勉強して始めて気が付いたんですね。そしてその時、【あ~~私、間違ってなかったんだな】と感じたんです。

結局は、WEBだろうが何だろうが相手は人間です。感情を持った人間。いろんな悩みや願望を持った人間です。その事を常に忘れないで、想像力を全開にして相手の心や人生を想う。その上でテクニックを絡める。それがセールスの基本であり、無機質なテクニックに血を通わせる唯一の方法なのです。

今回は、私のWEBセールスに対する考え方をお話させて頂きました。共感して頂けると幸いです^^
そして、共感してくださったあなたと一緒にお仕事が出来たらさらに天にも昇る幸せです(#^.^#)

ではでは、また(@^^)/~~~