どうも、マルコこと、佐藤多加子です。

今回は、ビジネスの現場で良く使われる、けれど、意外と知らない方が多い言葉、【CtoB】【BtoB】【BtoC】【CtoC】・・・・について解説したいと思います。

それぞれ、【C2B】【B2B】【B2C】【C2C】・・・・と表現されることもありますが、読み方や意味は同じです(^^)

【CtoB】【BtoB】【BtoC】【CtoC】とは

【CtoB】【BtoB】【BtoC】【CtoC】というのは、ビジネスにおいての【取引の関係性】を表す言葉です。

【C】はConsumer(コンシューマー)、つまり個人(一般消費者)を指し、

【B】はBusiness(ビジネス)、つまり企業を指します。

CtoB(シートゥービー)=Consumer to Consumer(コンシューマー トゥ ビジネス)

とすると、CtoB(シートゥービー)は、個人対企業の取引になります。

サービスや商品を提供する側が個人、それをお金を支払って享受する側が企業です。

例えば、私のような個人事業主が法人さんのWEBセールスのお手伝いをする場合は、【CtoBビジネス】という事になりますね。

BtoB(ビートゥービー)=Business to Business(ビジネス トゥ ビジネス)

BtoB(ビートゥービー)は、企業対企業の取引ですね。

例えば、銀行が企業へ融資をしたり、メーカーが量販店へ家電製品を卸したりするのが、【BtoBビジネス】です。

他に、部品を製造する企業が、自動車メーカーへ自動車部品を販売する、というのも【BtoB】ですね。

これらはほんの一例ですが、他にも沢山のBtoBビジネスが存在します。

BtoC(ビートゥシー)=Business to Consumer(ビジネス トゥ コンシューマー)

そろそろ解ってこられたと思います(#^.^#)

BtoC(ビートゥシー)は、企業から個人向けに商品やサービスを提供する取引形態ですね。

銀行ですと、個人向けに住宅ローンやマイカーローン、教育ローンを貸し出したり、個人向けの投資案件などを販売したりするのがBtoCビジネスになります。銀行は、BtoB,BtoCの両方のビジネスをしているわけです。

また、家電量販店が個人のお客さんに家電品を販売したり、スーパーマーケットが個人消費者に商品を販売するのも、BtoCビジネスになります。

レストランが個人のお客様へ料理を提供するのも、BtoCですね。

CtoC(シートゥシー)=Consumer to Consumer(コンシューマー トゥ コンシューマー)

CtoC(シートゥシー)は、個人対個人の取引です。

個人のアフィリエイターが、個人向けに商品やサービスを販売するのは、【CtoCビジネス】に当たります。

身近なところだと、フリーマーケットやヤフーオークション、メルカリなども、出品者が個人の場合はCtoCになりますね。

 

このように、ビジネスには様々な形態があります。あなたの身の回りを見渡しても、沢山の【CtoB】【BtoB】【BtoC】【CtoC】ビジネスが存在している事に気づくはず。ちょっと時間をとって【これはどの形態のビジネスだろう?】と、考えてみると。楽しくなってくると思います。

おまけ:BtoG(ビートゥジー):Business to Government(ビジネス トゥ ガバメント)

これまでの例では【B】と【C】しか登場しませんでしたが、【BtoG】(ビートゥジー)というものもあります。

これはBusiness to Government(ビジネス トゥ ガバメント)の略で、【G】は政府や地方自治体を表します。

例えば、工務店が道路工事や上下水道、公共の教育施設の工事などを請け負った場合は、【BtoGビジネス】になります。

私達がBtoGビジネスに関わる場面は少ないと思いますが、知識の1つとして覚えておいていただければ(#^.^#)

 

という事で、今回は、ビジネスの現場でよく使われる言葉、【CtoB】【BtoB】【BtoC】【CtoC】(おまけ:BtoG)についてお話してみました。

ご参考になりましたら幸いです。

ではでは、また(^^)。