どうも、佐藤多加子です。

今回は、個人で学んだWEBセールスの手法は、法人でも十分に通用するのだ、というお話をしたいと思います。

そもそも私自身が、リアルで事業をやって来た法人さん達(特に中小企業の社長さん)とお話していて気付いた事なのですが、彼らの多くは異業種交流会などの場を利用して【直接会って、人脈を広げる】事で案件獲得をしようと頑張っておられます。

私も実際に、そういった交流会に参加させて頂いた事があります。

異業種交流会に参加される社長さん達のほとんどは、WEBセールスといえば【自社のホームページを作ればいい】くらいのイメージしか無く、リードナーチャリングの施策に則って、積極的にオウンドメディアから見込み客を集めて、WEB上で関係性を構築しながら成約に繋げる、という意識までは持っておられません。

WEBが苦手な法人さん達

ある化粧品販売&エステサロンを経営している女性は、サロンのホームページを作って、自分1人で毎日そのホームページを訪問して(アクセスをして)、それで検索に上位表示される事を期待していました。

自分で1日1回ずつサイトにアクセスしたところで、雀の涙というか、焼け石に水というか・・・・・・SEO(検索エンジン最適化)やアクセスアップの施策を学んで来た人間にとってはちょっと切ない、そんな感じです。

実際に、そのホームページを見せていただくと、これといった特徴もなく、検索にヒットしやすくユーザーの興味を引くようなコンテンツも無く、検索キーワードも全く意識されておらず、正直、【これで集客は難しいなぁ】と思うような物でした。

そこで、検索ユーザーさんにホームページを見ていただくため(つまりアクセスを増やすため)の工夫や、集まったアクセスからサロンの予約につなげる施策などを少しお話しただけで【凄い!!】と目を輝かせておられました。

私がお伝えしたのは、個人でもWEBセールスで実績を出している人間にとっては非常に基本的で当たり前の事だったのですが、WEB知識に疎い経営者さんにとっては、ものすごいインパクトがあったのですね。

この時に私は、アフィリエイトからスタートして個人で学んできたセールス手法が、法人さんにとっても非常に需要があるのだという事に気が付きました。

そして、個人でも法人でも、WEBマーケティングの基本は同じで、個人でやって来たことが十分に法人の世界でも通用するというか、まだまだ法人さんに知られていない事もあるのだなと。

 

また、店舗経営をしている知人から、【Twitterを教えて!!】とお願いされたのですが、その方は、単純にお店のアカウントを作るだけで、勝手にお客さんが集まってくると考えていたので、

  • ツイッターのアカウントを作るだけなら簡単だけれど、集客導線として利用するならそれなりの戦略を練って行動を起こしていく必要がある事
  • アカウントを作って呟くだけじゃなく、ターゲットを定めてフォロワーを増やしていく必要がある事
  • セール情報ばかり流していても集客にはつながらない、ツイートを喜んで見てもらえるファン化の施策が必要な事

等をお話したら硬直してしまいました。

 

こんな風に、

WEB知識の乏しい法人さんの中には、WEBでセールスや集客を自動化するというMA(マーケティングオートメーション)に対して、

  1. 憧れを感じつつもハードルが高いと感じている
  2. 逆に、やたら簡単に考えすぎている

の、2通りの方がいらっしゃるという印象を受けます。

どちらの場合も、私のように個人でWEBセールスを学んで来た人間が、その知識を少しお伝えしただけで、とても驚かれますし、価値を感じて頂けるのですね。

大企業になれば、専門のマーケティング担当者を置いて、大規模なMAツールを導入してWEBマーケティングを展開するのがもはや当たり前になっているのですから、WEBからの需要発掘が出来るようになれば、利益が大きく跳ねるのは容易に想像がつくはず。

けれど、中小の法人さんですと、担当者もおらず、雇う余裕も無く、社長さんにも知識が無く、憧れはあるもののどう実行して良いのか分からない、というのが現実です。

人口の少ないド田舎立地なのに、いつも予約で一杯の歯医者さん

逆に、既にWEB集客の仕組みを上手に取り入れて、大きな成果を上げている法人さんもいらっしゃいます。

私が住んでいる岡山県の中でも、かなり人口の少ない僻地にあるのに、いつも予約でいっぱいの歯医者さんがあります。

ホームページを立ち上げて、リスティング広告を活用してアクセスを集め、WEB上で初診の予約が取れるようにして、背面は山、目の前は一面の畑や田んぼというド田舎の歯医者さんでありながら、近隣だけでなく岡山県全域から患者さんを集めているのです。

LINE@を活用して、院長先生自身が情報発信をされていたり。

私自身、どこか良い歯医者さんは無いかなぁとWEBで検索した事からその歯医者さんに通うようになったのですが、自宅のすぐ近くにも沢山の歯科医院があるのに、毎回車で片道40分かけてその歯医者さんへ定期検診に通っています。

集めた患者さんをがっかりさせない、質の良い診療技術とサービスがきちんと確立されていて、リピートに繋がっている事も条件の1つではありますが、その歯医者さんは、本当にいつも患者さんで一杯です。

周りに住宅はポツリ、ポツリとしか建っていないのに。

この例を見ても、立地に左右されずに集客できるWEBの強みは大きいなぁと感じますし、この歯医者さんがやっている施策は全て、アフィリエイターを始めとした個人レベルのWEBセールスの手法と同じなのです。

まとめ

こんな風に、個人(CtoC)で学んだセールス手法も、実は法人さんの集客やセールスに大いに活用できるのですが、実際に【知識が無くてできない】事業主さんが多くおられます。あるいは、知識や技術的には出来たとしても、事業主さんご自身は忙しくてWEB集客に注ぐリソースが無かったりするので、それを伝える、代行するお仕事にはかなりの需要があるのですね。

ですから、これまで個人でWEBセールスをやって来て、ある程度の成果を出してきた方ならば、法人さんへそのスキルを伝える、というお仕事にもチャレンジしていただきたいと思いますし、

まだ、WEBを活用し切れていないと感じている法人の方は、ちょっと、WEBセールス(集客)の世界を覗いてみていただきたいなと思います。レバレッジ(てこの原理)を大きく利かせる事が出来るインターネットでは、小資金で大きな結果をあげる事ができますからね。

それでは、今回は、このへんで。